お知らせ


報道発表

2016年3月17日
株式会社ドコモgacco

gaccatz®(ガッカツ)を用いた無料オンラインイベント
『アイデア発想法を学ぶ!デザイン思考ワークショップ』 開催決定!
―講師に「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」の佐宗 邦威氏―


 東京大学大学院情報学環・反転学習社会連携講座(Department of Flipped Learning Technologies:通称FLIT)は2016年4月17日(日)、株式会社ドコモgacco(本社:東京都港区、代表取締役:伊能美和子。以下gacco)が開発したオンラインワークショップシステム「gaccatz®(ガッカツ)」を用いたオンラインワークショップイベント「アイデア発想法を学ぶ!デザイン思考ワークショップ」を開催いたします。参加費は無料、定員は300名(定員になり次第締め切り)です。本日より参加者募集開始となります。


 gaccatzとは、数百人規模の参加者が、自宅などからインターネットを介してワークショップに参加できるシステムで、Webブラウザ上でビデオや音声通話を行うための規格「WebRTC」を用い、イベントの進行に合わせて全参加者を、協調学習に適した3~4人のグループや、成果を共有するための15人前後のグループに瞬時に(ランダムに)振り分ける事が可能なシステムです。このような大規模な動的チャットグループ制御を行う試みは、WebRTCの利用例としても他に類を見ないものとなっております。グループ振り分け機能以外に、参加者全体へ動画(講義など)のリアルタイム配信、理解度を確認するためのクイズ形式の問題出題、優秀なグループの代表者による全体発表など、リアルタイム・双方向型の学びが可能なシステムとなっており、ワークショップに必要な機能が全て搭載されたワークショップ専用システムです。


 2015年10月24日に開催したgaccatzトライアルイベントでは、全国各地から140名ほどの参加者が集まり、オンラインで熱い議論が交わされました。そのイベントには小学生も参加しており、大人顔負けの幅広い見識を披露する場面も見られ、地域や年齢を問わずフラットに議論できるプラットフォームとして注目されました。イベント後のアンケートではアンケート回答者のほぼ全員が「また参加したい」と回答するなど、高い評価と期待の声が寄せられております。


 今回のイベントは「アイデア発想法を学ぶ!デザイン思考ワークショップ」と題し、「アナロジー(類推)」を活用して新しいアイデアを創り出す発想法について学ぶイベントです。講師には、著作「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」で話題の佐宗 邦威氏(株式会社biotope CEO)を招き、アナロジーの考え方や効用について、事例を交えて紹介します。「デザイン思考」の第一人者によるストリーミング講義を視聴後、3~4名に分かれてアイデアを発想するグループワークに取り組むことで、アナロジーを活用してアイデアを生み出す方法を実践的に習得することができる内容となっております。
 イベント全体の構成およびファシリテーションは、ワークショップデザインを専門とする安斎 勇樹特任助教(東京大学大学院 情報学環)が担当。理論と実践に裏打ちされた質の高いプログラムをお約束します。

【参加方法】

 本イベント専用サイト(外部リンクhttp://gacco.org/gaccatz/flit201604.html)から事前に参加登録が必要となります。前提条件は特にありません。過去のgaccatzトライアルイベントに参加された方も、ご参加いただけます。

【環境条件】

 本イベントに参加いただくためには、Google Chromeの動作するパソコン、パソコンに接続可能なマイクもしくはヘッドセットが必要となります。また、お使いのネットワーク環境によっては、gaccatzが正常に動作しない可能性があります。詳細は上記ウェブサイト内の注意事項を確認ください。

※「gaccatz」は株式会社NTTドコモの登録商標です

イベント概要
イベント名 アイデア発想法を学ぶ!デザイン思考ワークショップ
講師 佐宗 邦威 (株式会社biotope CEO)
安斎 勇樹 (東京大学大学院 情報学環 特任助教)
日時 2016年4月17日(日)14:00 ~ 16:30
参加費 無料
定員 300名
募集期間 2016年3月17日(木)~4月7日(木)
※定員になり次第締め切り
主催 東京大学大学院情報学環・反転学習社会連携講座(FLIT)
共催 京都造形芸術大学
運営 株式会社ドコモgacco
【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
株式会社ドコモgacco 担当:倉持、金 TEL: 03-3456-8115



【MOOC】

Massive Open Online Coursesの略。Web上で誰でも無料で参加可能な、大規模かつオープンな講義を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービス。2012年より米国を中心として、主要大学および有名教授によるオープンオンライン講座として公開され、世界中から3,500万人以上が受講している。

【FLIT】

東京大学大学院情報学環・反転学習社会連携講座(Department of Flipped Learning Technologies:FLIT)対面授業とオンラインの動画授業を組み合わせ、授業と自宅学習の連続化による学習時間の確保と学習目標に合わせた時間の再配置を可能にする、ブレンド型学習環境の研究と実践を推進するために、東京大学と株式会社NTTドコモが共同で推進するプロジェクトです。
外部リンクhttp://flit.iii.u-tokyo.ac.jp/

【gaccatz (ガッカツ)】

数百人の参加者が、特別な機材なく、自宅からインターネット経由でワークショップに参加できるシステムとして、株式会社ドコモgaccoが開発を進めるオンラインシステムです。 ワークショップに不可欠な「講義動画のストリーミング配信」「3~4人ずつのグループにわかれての協働学習」「3~5グループずつでの成果発表」「各グループの成果物の鑑賞」「優秀グループの全体発表」といった機能を、ブラウザ上で実現しています。
外部リンクhttp://gacco.org/gaccatz/

*「gacco」「gaccatz」は株式会社ドコモgaccoの登録商標です。