お知らせ


報道発表

2017年4月21日
株式会社ドコモgacco

山口大学×docomo
大規模オンライン講座「gacco」を利用した「慢性痛管理学コース」を開講
― オンライン講座で単位修得!5大学で共通のカリキュラムを学ぶ ―

国立大学法人山口大学(以下山口大学)は、株式会社NTTドコモ 中国支社(以下ドコモ)と、株式会社ドコモgacco(以下ドコモgacco)と連携し、ドコモgaccoが運営するオンライン講座「gacco®(ガッコ)」のシステムを利用したgaccoASPサービスにおいて、「慢性痛管理学コース」を2017年4月に開講します。

                                

山口大学は、文部科学省が実施している「課題解決型高度医療人材養成プログラム」の一環として、生物心理社会モデルに基づいた慢性痛の診療の重要性を理解し、適切な医療システムの構築につながる人材の育成に取り組むことを目的に、gaccoオンライン講座として「慢性痛管理学コース」を開講します。慢性痛に対する集学的診療の実施に豊富な経験を有する5大学(山口大学、大阪大学、滋賀医科大学、愛知医科大学、東京慈恵会医科大学)の大学生、大学院生、その他医療従事者がスマートフォン、タブレット等を活用し「いつでも」「どこでも」共通のカリキュラムを学ぶことができる環境を整えます。
 これにより、受講者は必要な知識をオンライン上で繰り返し学習でき、高度な教育・指導スキルの修得や、定期的な進捗管理などが可能となります。

ドコモおよびドコモgaccoでは、gaccoのシステムを利用したgaccoASPサービスを通じて本オンライン講座を受講者に提供します。講義動画、テスト、レポートなどにより、知識の修得をサポートします。
 また、本オンライン講座を受講し所定の成績を収めた場合、学生には単位が、医療従事者には修了証が発行されます。オンライン講座の受講のみで単位を認定するのは、gaccoで初の取組みです。

山口大学では今後も、共通のオンライン講座受講だけでなく、5大学の人材交流や定期的な合同会議を通じて、それぞれの大学の教育・普及活動のノウハウを共有していく予定です。
 ドコモ及びドコモgaccoは、今後もオンライン講座を活用した教育・学習の普及・推進に取り組んでまいります。



■gacco「慢性痛管理学コース」概要


【講座名】 慢性痛管理学コース

【開講時期】 2017年4月~2018年3月

【対 象】 山口大学、大阪大学、滋賀医科大学、愛知医科大学、東京慈恵会医科大学の大学生、大学院生、その他医療従事者

【講座内容】 本オンライン講座では、疼痛、中でも慢性痛に焦点を当て、その病態や治療に関して医学的アプローチのみならず、心理学的、社会学的にアプローチ、チームアプローチを含めて教育を進め、慢性痛に関する包括的な理解を促す教育を行う。



【本件に関する報道機関からの
お問い合わせ先】

◆株式会社ドコモgacco
  広報・マーケティング室
担当:岩瀬・草間
Tel:03-3456-1200        
Email:marketing@gacco.co.jp
「gacco」「gaccatz」は株式会社ドコモgaccoの登録商標です。



© DOCOMO gacco, Inc. All Rights Reserved.